2021年03月31日

ブログ開設2周年 & 2020年度プレイ済み作品について

おかげさまで当ブログも2周年を迎えることができました。今日まで続けてこられたのも、感想を見てくださる皆様のおかげです。本当にありがとうございます。

今後も感想を書いていくつもりですので、引き続き見にきて貰えると嬉しいです。何かご意見・ご要望がございましたら、コメントなりTwitterなりでお知らせください。

さて本日(3/31)は丁度年度末の日でもあります。ただ謝礼だけで済ますのもあれですし、区切りもちょうどいいので、2020年度(2020/4/1~2021/3/31)でプレイした作品の中で、一番好きな作品とオススメしたい作品をそれぞれ語らせてもらいます。

ちなみにネタバレはするつもりはないのでその点はご安心ください。




■一番好きな作品:さくらの雲*スカアレットの恋 ※感想記事はこちらから
20201006-00.png

こちらの認識の隙を付き驚きを与えてくれる素晴らしいシナリオ構成が特徴ですが、何よりも素敵だと思ったのはこの穏やかとは言えない令和という時代に生きていることに、希望をもてるようなメッセージがあったことです。

この点に対して本作は他の追随を許さないレベルにあるため、一番好きな作品に挙げさせていただきました。




■オススメしたい作品:徒花異譚 ※感想記事はこちらから
20200714-00.png

美しい墨絵調の画風が特徴的ですが、"童話"をベースに構築されたシナリオも綺麗で、トータル的に美しくお気に入りの1作です。同時期に出たATRIは有名ですが、こちらも負けず劣らずの作品です。

完成度の割に影が薄くて勿体ないと思っていましたので、この機会にオススメさせてもらいます。ロープライスなので時間も取りませんよ。
posted by paurun at 20:00| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください